朗読劇「逃げるは恥だが役に立つ (逃げ恥)」6月13日より全4回TV初放送!!

朗読劇「逃げるは恥だが役に立つ (逃げ恥)」6月13日より全4回TV初放送!!

梶裕貴さん、石川界人さん、細谷佳正さん、斉藤壮馬さん、内田真礼さん、朴璐美さんなど有名声優が勢揃い! Kiss(講談社)にて連載され4月13日に「逃げるは恥だが役に立つ」最終巻となる11巻が発売された「海野つなみ」先生による漫画を原作とした朗読劇「逃げるは恥だが役に立つ (逃げ恥)」が2020年6月13日、6月20日の21:30よりCSチャンネル「日テレプラス ドラマ・アニメ・音楽ライブ」にてTV初放送!

「逃げるは恥だが役に立つ」は、「就職としての結婚」をテーマにした森川みくりと津崎平匡を描くラブコメディ。朗読劇「逃げるは恥だが役に立つ」では「森山みくり」役を内田真礼、妃海風、咲妃みゆ、生駒里奈。「津崎平匡」役に梶裕貴、細谷佳正、荒木宏文、吉沢悠。「風見涼太」役を斉藤壮馬、石川界人、木村達成、有澤樟太郎。「土屋百合」役を朴璐美、友近、壮一帆、濱田めぐみらが、4人1組の日替わりで演じられる。

朗読劇「逃げるは恥だが役に立つ」番組内容

東宝が贈るラブストーリーに特化した朗読劇シリーズ《恋を読む》の第2弾。原作は、2012年より2020年に渡り月刊「Kiss」(講談社)にて連載された大ヒットラブコメディー。夫=雇用主、妻=従業員の“契約結婚”という斬新な設定ながら、笑いと胸キュンあふれる展開、仕事や夫婦の在り方に自分達らしく向き合う主人公たちの姿が多くの読者の共感を呼び、2015年に第39回講談社漫画賞(少女部門)を受賞した作品の朗読劇。
出演者違いで同じ作品を朗読するが、役者それぞれの個性が出ていて楽しめる。

朗読劇「逃げるは恥だが役に立つ」放送概要

公式サイト 特設ページ
放送日/キャスト 【第1回】2020年6月13日 21:30~23:40 (荒木宏文、妃海風、石川界人、友近)
【第2回】2020年6月20日21:30~23:50 (梶裕貴、生駒里奈、有澤樟太郎、濱田めぐみ)
【第3回】2020年7月4日21:00~23:20 (細谷佳正、咲妃みゆ、木村達成、壮一帆)
【第4回】2020年7月11日21:00~23:20 (吉沢悠、内田真礼、斉藤壮馬、朴ろ美)
出演 (1)荒木宏文 、妃海風、石川界人、友近
(2)梶裕貴、生駒里奈、有澤樟太郎、濱田めぐみ
(3)細谷佳正、咲妃みゆ、木村達成、壮一帆
(4)吉沢悠、内田真礼、斉藤壮馬、朴璐美
スタッフ 原作:海野つなみ『逃げるは恥だが役に立つ』(講談社「Kiss」所載)
脚本・演出:三浦直之(ロロ)
主催・製作:東宝
制作年 2019年
関連リンク ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」公式サイト

逃げ恥の「恋ダンス」YouTubeにて公開中!



詳細は公式サイトをご確認ください。
※記事の情報が古い場合がありますのでお手数ですが公式サイトの情報をご確認下さい。

© 海野つなみ/講談社