古舘春一「ハイキュー!!」最新刊 第44巻「最強の敵」8月4日発売!!

古舘春一「ハイキュー!!」最新刊 第44巻「最強の敵」8月4日発売!!

週刊少年ジャンプ33・34合併号にて「古舘春一」先生の8年半に渡る「ハイキュー!!」の連載が堂々完結した人気漫画「ハイキュー!!」最新刊となる第44巻「最強の敵」(別名 お米巻)は2020年8月4日発売!

シュヴァイデンアドラーズ VS ブラックジャッカル」夢のスペシャルマッチも実際に開催予定の「カメイリーナ仙台」にて、ハイキュー!!作中で激闘を繰り広げるVリーグのディビジョン1「シュヴァイデンアドラーズ」VS「MSBY ブラックジャッカル」。

「妖怪大戦争」と謳われたモンスター世代のバケモン達がひしめく中、日向翔陽はビーチバレーで培った「バランス」を活かし最強の囮はとうとう自分で自分を囮にし多彩なプレーを見せつける。かつてのチームメイト「影山飛雄」や、ライバル「牛島若利」「星海光来」、ブラジルのスーパープレイヤー「ロメロ」たちを相手に、頼もしい現在のチームメイト「宮侑」「木兎光太郎」「佐久早 聖臣」らと一緒に「シュヴァイデンアドラーズ VS ブラックジャッカル」妖怪世代達が激闘を繰り広げる。

ハイキュー!! 第44巻「最強の敵」の表紙はブラックジャッカル妖怪世代4人衆より「日向翔陽」「宮侑」「木兎光太郎」「佐久早聖臣」の見ているだけでワクワクしてくるイラストが目印!

古舘春一「ハイキュー!!」最新刊 第44巻「最強の敵」のあらすじ

Vリーグで再会を果たした日向と影山。ブラックジャッカルとシュヴァイデンアドラーズのハイレベルな応酬の中でも、日向は多彩なプレーで存在感を見せつける!!

再び敵となって現れた日向を前に、昂る影山の脳裏に浮かんだものは――!!

古舘春一先生からの第44巻「お米巻」発売記念イラスト到着!

2020年8月4日に発売された「ハイキュー!!」第44巻を記念して原作者「古館春一」先生から宣伝イラストが到着!古館先生より第44巻は「お米巻」と題され「日向翔陽」「星海光来」「牛島若利」「宮侑」「木兎光太郎」たちが「おにぎり」を、「影山飛雄」は好物のポークカレー温卵のせを食べているホクホクな描き下ろしイラストが登場!

佐久早聖臣は「俺は他人の握ったおにぎりはエンリョする…」と言っているが宮治が「なんやねん しゃあないなー 特製茶漬け作ったるわ 腹ペコでは帰さへんで。」と優しい返答。なぜ「お米巻」なのかは「ハイキュー!!」第44巻を読んでみよう!

古舘春一「ハイキュー!!」最新刊 第44巻「最強の敵」は8月4日発売!

販売店 【Amazon】商品ページ
【アニメイト】 商品ページ、全国書店、ネット書店など
発売日 2020年8月4日
著者 古舘春一
価格 440円(税抜)
ISBN 978-4-08-882348-5
ページ数 192ページ
前巻情報 前巻「ハイキュー!! 第43巻の詳細」はこちら
公式サイト 週刊少年ジャンプ「ハイキュー!!」特設ページ
関連リンク TVアニメ「ハイキュー!! TO TEH TOP」公式サイト

古舘春一「ハイキュー!!」関連商品

古舘春一/星希代子「ハイキュー!! ショーセツバン!! Ⅻ」(卒業後の景色)も8/4同日発売!

烏野高校排球部としての高校バレーボール生活に一区切りがついた日向翔陽は、ブラジルへ旅立つ事を決意する。日向をお見送りするメンバー達の姿が描かれる他、ブラジルへ渡った日向は大王様こと「及川徹」とブラジルで再会し。。!?

さらに木兎光太郎、宮侑が所属するVリーグ・ディビジョン1チーム「MSBY ブラックジャッカル」のファン感謝祭や、「おにぎり宮」のエピソードも収録!宮さんがあんなに落ち込んだ原因が遂に描かれる!

価格は770円(税込)、発売は2020年8月4日にハイキュー!!44巻と同時発売! (ハイキュー!! ショーセツバン!! Ⅻの詳細はこちら)

漫画「ハイキュー!!」が配信されている電子書籍サービス

ストア名 品揃え 料金 公式サイト
600万冊

460円(税込)

読む
70万冊

459円(税込)

読む
50万冊

418ポイント

読む
50万冊

459円(税込)

読む
60万冊

459円(税込)

読む

TVアニメ「ハイキュー!! TO TEH TOP」第2クール放送予定

アニメ「ハイキュー!!」動画が配信されているサービス一覧

ストア名 配信状況 特典/料金 公式サイト
定額見放題

31日間無料440円/月

観る
定額見放題

無料期間なし880円/月

観る
定額見放題

31日間無料2,189円/月

観る
定額見放題

31日間無料550円/月

観る
定額見放題

2週間無料888円/月

観る











詳細は公式サイトをご確認ください。
※記事の情報が古い場合がありますのでお手数ですが公式サイトの情報をご確認下さい。

© 古舘春一/集英社