実写ドラマ「カウボーイビバップ」スパイクの吹替は山寺宏一が担当!

実写ドラマ「カウボーイビバップ」スパイクの吹替は山寺宏一が担当!

1998年にサンライズが制作した人気アニメ「カウボーイビバップ」が実写ドラマとしてシリーズ化され、2021年11月19日よりNetflixにて全世界独占配信される。

この実写ドラマシリーズ「カウボーイビバップ」の日本語吹替版では、アニメシリーズでメインキャストのキャラクターボイスを担当した声優陣が再結集!

主人公のスパイク・スピーゲル役は山寺宏一さん、ビシャス役は若本規夫さん、フェイ・ヴァレンタイン役は林原めぐみさん、ジュリア役は高島雅羅さんが担当する。

故・石塚運昇さんが担当していたジェット・ブラック役は楠大典さんが引き継ぎ、他に垂木勉さん、長沢美樹さん、土師孝也さん、堀内賢雄さん、磯辺万沙子さん、朴璐美さん、緑川光さんといった豪華キャストの参加も決定した。

23年の時を超え、再びスパイクを演じることとなった山寺さんからはコメントも到着している。

【スパイク・スピーゲル】役 – 山寺宏一さんのコメント

カウボーイビバップは僕にとって本当に大切な作品です。
実写版が作られる事を心待ちにしていました。
アニメ版へのリスペクトを強く感じ感動しています。

今回スパイクを見事に演じているジョン・チョーさんの演技に合わせつつ、
自分が演じてきたスパイクの雰囲気もしっかり出せればと思っています。

実写版ならではの設定や展開も多々あります。
ビバップを好きだった方にも、全く知らなかったという方にも
楽しんでいただけたら嬉しいです!


実写ドラマシリーズ「カウボーイビバップ」2021年11月19日よりNetflixにて配信!


公式サイト Netflix「カウボーイビバップ」オフィシャルサイト
配信開始日 2021年11月19日
キャスト スパイク : ジョン・チョー
ジェット : ムスタファ・シャキール
フェイ : ダニエラ・ピネダ
日本語吹替キャスト スパイク : 山寺宏一
ジェット : 楠大典
フェイ : 林原めぐみ
ビシャス : 若本規夫
ジュリア : 高島雅羅

垂木勉、長沢美樹、土師孝也、堀内賢雄、磯辺万沙子、朴璐美、緑川光 他

スタッフ 制作会社 : Tomorrow Studios
エグゼクティブプロデューサー : Marty Adelstein、Becky Clements(Tomorrow Studios)/Josh Applebaum、Andre Nemec、Jeff Pinkner、Scott Rosenberg(Midnight Radio:米国製作会社)/宮河恭夫、佐々木新、尾崎雅之(株式会社サンライズ)/Tetsu Fujimura, Matthew Weinberg
脚本家・エグゼクティブプロデューサー : Chris Yost(「マイティ・ソー」シリーズ他)
コンサルタント : 渡辺信一郎(TVアニメーション作品「カウボーイビバップ」監督)
関連リンク TVアニメ「カウボーイビバップ」公式サイト



詳細は公式サイトをご確認ください。
※記事の情報が古い場合がありますのでお手数ですが公式サイトの情報をご確認下さい。

© Netflix