第25回手塚治虫文化賞 マンガ大賞は山下和美「ランド」が受賞!!

第25回手塚治虫文化賞 マンガ大賞は山下和美「ランド」が受賞!!

マンガ文化に大きな足跡を残した手塚治虫先生の業績を記念する「第25回手塚治虫文化賞」が2021年4月28日に発表され、最も優れた作品に贈るマンガ大賞はモーニングに連載された「山下和美」先生の「ランド」に決定!

「ランド」は、2014年3月から2020年7月まで連載。しきたりに縛られた山間部の村に生まれた少女「アン」の生きる姿を描いた作品で、審査員から「現代の抱える多様なテーマを抱えながら高らかな人間賛歌となっている」と支持を集めての受賞となった。

また、新生賞は「山下鐘人」先生原作「アベツカサ」先生作画による「葬送のフリーレン」が「冒険の終わりから物語が始まるのがユニーク」との評価を受けての受賞。

さらに、社会現象を生み出した功績を理由として、「吾峠呼世晴」先生の「鬼滅の刃」が朝日新聞社による特別賞を受賞。短編賞を「野原広子」先生の「消えたママ友」と「妻が口をきいてくれません」が受賞した。

第25回手塚治虫文化賞 マンガ大賞の概要


第25回手塚治虫文化賞 マンガ大賞
公式サイト 特設ページ
受賞作 【マンガ大賞】「ランド」山下和美
【新生賞】「葬送のフリーレン」山下鐘人 / アベツカサ
【特別賞】「鬼滅の刃」吾峠呼世晴
【短編賞】「消えたママ友」「妻が口をきいてくれません」野原広子
関連リンク 「ランド」公式サイト



詳細は公式サイトをご確認ください。
※記事の情報が古い場合がありますのでお手数ですが公式サイトの情報をご確認下さい。

© 山下和美 / 講談社