映画「翔んで埼玉」続編 2022年公開決定、GACKTと二階堂ふみ続投!

映画「翔んで埼玉」続編 2022年公開決定、GACKTと二階堂ふみ続投!

魔夜峰央先生による漫画を原作とした愛と爆笑の”埼玉ディス”映画「翔んで埼玉」の続編制作が決定!

翔んで埼玉の続編が「翔んで埼玉 Ⅱ (仮)」として、2022年に全国の映画館で公開されることが発表された。

併せて、前作にて麻実麗役「GACKT」、壇ノ浦百美役「二階堂ふみ」の続投も発表された他、前作に続き武内英樹さんが監督を務め「翔んで埼玉」の続編は制作される。

続編「翔んで埼玉 Ⅱ (仮)」に対し、GACKT「不安です」、二階堂ふみ「とても光栄です」、魔夜峰央先生「改めて言うが、正気かおまえら」とキャスト・スタッフ陣よりコメントも到着!

映画「翔んで埼玉 Ⅱ (仮)」キャスト・スタッフコメント

魔夜峰央先生コメント

改めて言うが、正気かおまえら

GACKTコメント (麻実麗 役)

再びこの、いい意味でくだらない最高のエンターテインメントに関われると思うと、今から、、、、不安しかありません。

前作であれだけ埼玉をディスったにもかかわらず、監督はまたしても続編をやる気です。監督、バカなの?完全に壊れてます。。。そしてGACKTがまた高校生を演じるのか…、ダメでしょ?

疑問は多く残りますが、前作でもご一緒した武内監督やふみちゃんがいれば、良い作品が作れると信じて、、、
いや、むしろ、すべてお任せするしか、ありません。
壮大な茶番の更なるパワーアップ、ぜひ楽しみにしていてください。不安です。。。

二階堂ふみコメント (壇ノ浦百美 役)

パート2を作ってみせる!と現場で肩をぐるぐる回しながら仰っていた武内監督。
まさかこの映画がヒットするとは。まさかこの映画が日本アカデミー賞にノミネートされるとは。
パンクで誠実な物作りをされる武内監督、そして派手に踊らせる若松プロデューサー。
真面目に不真面目な大人達が集まる現場にまた呼んでいただけて、とても光栄です。
パート1(まさかこの呼び方をする日が来るとは思わなかった)を遥かに超える大作を、最前線で感じられたらと思います。
よろしくお願い致します。

武内英樹監督コメント

「翔んで埼玉」続編が遂に始動します。
前作では思いっきり(愛を込めて)ディスっていたにも関わらず、埼玉の皆さんが心から映画を楽しんでくださり、改めてその埼玉愛に驚かされました。
続編だからこそできる、壮大なスケールでお届けする日本最高峰の茶番劇をお届けしたいと思っています。
GACKTさん、二階堂ふみさんや、信頼できるスタッフ、そして新しい仲間(?)と共に全力で作品を作ってまいります。是非、ご期待ください。

若松央樹フジテレビプロデューサーコメント

前作の公開中、埼玉の皆様には「もっとディスっても大丈夫!」という声や、他県の皆様には「埼玉がうらやましい」「自分たちの地元もいじって欲しい!」「翔んで〇〇もやってほしい!」など、ありがたい反響をたくさんいただきました。

「翔んで埼玉」自体は、前作も原作にはないストーリーを多分に描いておりましたし、作品としては、前作で既に出し尽くした気持ちも強かったのですが、皆様の温かい声をいただき、武内監督や脚本の徳永氏の間で「続きを作ってみてはどうか」という話が自然と出るようになりました。

その内容が思いの外盛り上がり、続編を制作することになりました。埼玉の皆様に支えていただき、前作はありがたいことに大ヒットすることが出来ました。

続編では更にパワーアップした、我々なりの愛あるディスりで、埼玉の魅力を全国に届けてゆきたいと思っています。再びとはなりますが、何卒寛大な心で受け止めていただければと思っております。

映画「翔んで埼玉」イントロダクション

埼玉県の農道を、1台のワンボックスカーがある家族を乗せて、東京に向かって走っている。
カーラジオからは、さいたまんぞうの「なぜか埼玉」に続き、DJが語る埼玉にまつわる都市伝説が流れ始める――。

その昔、埼玉県民は東京都民からそれはそれはひどい迫害を受けていた。
通行手形がないと東京に出入りすらできず、手形を持っていない者は見つかると強制送還されるため、
埼玉県民は自分たちを解放してくれる救世主の出現を切に願っていた。

東京にある、超名門校・白鵬堂学院では、都知事の息子の壇ノ浦百美(二階堂ふみ)が、埼玉県人を底辺とするヒエラルキーの頂点に、
生徒会長として君臨していた。
しかし、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出現により、百美の運命は大きく狂い始める。

麗は実は隠れ埼玉県人で、手形制度撤廃を目指して活動する埼玉解放戦線の主要メンバーだったのだ。
その正体がばれて追われる身となった麗に、百美は地位も未来も投げ捨ててついていく。

2人の逃避行に立ちはだかるのは、埼玉の永遠のライバル・千葉解放戦線の一員であり、壇ノ浦家に使える執事の阿久津翔(伊勢谷友介)だった。
東京を巡る埼玉vs千葉の大抗争が群馬や神奈川、栃木、茨城も巻き込んでいくなか、伝説の埼玉県人・埼玉デューク(京本政樹)に助けられながら、
百美と麗は東京に立ち向かう。果たして埼玉の、さらには関東の、いや日本の未来はどうなるのか――!?

豪華キャストで贈る奇跡の実写映画「翔んで埼玉」続編制作決定!


翔んで埼玉 Ⅱ (仮)
公式サイト 映画「翔んで埼玉」オフィシャルサイト
公開日 2022年公開予定
キャスト 麻実麗 役: GACKT
壇ノ浦百美 役: 二階堂ふみ
スタッフ 監督: 武内英樹
プロデューサー: 若松央樹
関連リンク 映画「翔んで埼玉」公式Twitter



詳細は公式サイトをご確認ください。
※記事の情報が古い場合がありますのでお手数ですが公式サイトの情報をご確認下さい。

© 2022映画「翔んで埼玉」製作委員会