竹内良輔/三好輝「憂国のモリアーティ」第14巻 2021年4月2日発売!

竹内良輔/三好輝「憂国のモリアーティ」第14巻 2021年4月2日発売!

【2021年7月22日追記】
「憂国のモリアーティ」第15巻は2021年8月4日発売! (憂国のモリアーティ 第15巻の詳細)

ジャンプSQにて連載中、コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案とし、「竹内良輔」先生が構成、「三好輝」先生が作画の人気漫画で2021年4月4日からTVアニメ第2期もスタートする「憂国のモリアーティ」の第14巻が2021年4月2日より発売!

竹内良輔先生/三好輝先生「憂国のモリアーティ」第14巻のあらすじ

生きろ──魂の叫びが運命をも凌駕する──

女王陛下からシャーロックに、犯罪卿逮捕の勅命が下る。
無二の友としてウィリアムを救おうとするシャーロックだが、
自らの死で大英帝国の浄化の完成を望むウィリアムにより、
“モリアーティの物語”は着実にその結末へと近づいていく…。

犯罪卿と名探偵、それぞれの胸に秘した想いが交わる時、
炎上するロンドンで“最後の事件”は最終局面を迎える!!

竹内良輔先生/三好輝先生「憂国のモリアーティ」前巻 第13巻のあらすじ(ふりかえり)

緋色に染まった両手の血を拭い去ることは出来ない――
「犯罪卿の正体はウィリアム・ジェームズ・モリアーティ」
――シャーロックによるミルヴァートン殺害を引き金に、
大英帝国中を揺るがす衝撃の報道が駆け巡る。

市民と貴族、その両者から忌み嫌われながらも、
ウィリアムは自らの“計画”に基づき、特権階級の人間を粛清し始める。
全ての罪を一人背負うウィリアムに対し、ルイスたちは…!? (前巻 第13巻の詳細)


竹内良輔先生/三好輝先生「憂国のモリアーティ」のイントロダクション

19世紀末――。
古くから根付く完全階級制度により、
上流階級の人間達に支配されている「大英帝国」。

生まれ落ちた時から一生涯の身分が決まるこの社会制度は、
必然的に人間同士の差別を生んだ。

そんな中、階級制度による悪を取り除き、
理想の国を作ろうとする青年がいた。

これはジェームズ・モリアーティ、
或いはシャーロック・ホームズの敵の話――。


竹内良輔先生/三好輝先生「憂国のモリアーティ」第14巻 4月2日発売!


販売サイト 【Amazon】商品ページ
【アニメイト】商品ページ
全巻購入はこちら 【Amazon】電子書籍まとめ買い
発売日 2021年4月2日
著者 構成:竹内良輔
作画:三好輝
価格 コミック:484円(税込)
電子書籍:460円(税込)
ISBN 978-4-08-882601-1
公式サイト 「憂国のモリアーティ」公式サイト
関連リンク TVアニメ「憂国のモリアーティ」公式サイト
前巻の情報 「憂国のモリアーティ」 第13巻詳細情報

「憂国のモリアーティ」 コミック商品情報

TVアニメ「憂国のモリアーティ」第2期 2021年4月4日より放送開始!



詳細は公式サイトをご確認ください。
※ 記事の情報が古い場合がありますのでお手数ですが公式サイトの情報をご確認をお願いいたします。

© ©SHUEISHA inc. All rights reserved.