鬼滅の刃 コップに引っ掛けて飾る お茶友シリーズ 1.8より登場!

鬼滅の刃 コップに引っ掛けて飾る お茶友シリーズ 1.8より登場!

吾峠呼世晴先生による人気漫画を原作とした日本映画史に歴代1位という名を刻んだ劇場版「鬼滅の刃」無限列車編が大ヒット上映中のTVアニメ「鬼滅の刃」からコップやグラスに引っ掛けて遊ぶことができる「鬼滅の刃 お茶友シリーズ」が2021年1月8日より登場!

コメダ珈琲コラボも発表され、ばんちょうこうラバーマスコット無限列車編ラバースタンドコレクション第4弾など新作商品も続々登場している鬼滅の刃の「お茶友シリーズ」にはコップによじ登る炭治郎や覗き込む禰豆子、今にも落ちそうな善逸、フチに優雅に座るしのぶさん等がラインナップ!

「鬼滅の刃 お茶友シリーズ」の価格は858円(税込)、2021年1月8日より予約受付開始!!

鬼滅の刃 お茶友シリーズ

2021年1月8日より予約受付を開始する「鬼滅の刃 お茶友シリーズ」には着物を羽織っていない珍しい隊服姿で炭治郎や禰豆子、善逸、伊之助、義勇、しのぶがラインナップ!さらに、コップがない場所でも飾ることができるミニチュアスタンドにはそれぞれのキャラクターをモチーフにしたデザインも!

鬼滅の刃 お茶友シリーズ 858円(税込)

鬼滅の刃 お茶友シリーズ販売概要

鬼滅の刃 お茶友シリーズ
販売ページ 【アニメイト】商品ページ
価格 858円(税込)
予約受付開始 2021年1月8日
発売日 2021年7月下旬
お問い合わせ アニメイトサポートセンター / メガホビお問い合わせページ
公式サイト 特設ページ
関連リンク TVアニメ「鬼滅の刃」公式サイト

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 12月26日よりMX4D/4DX上映スタート!

大ヒット上映中の劇場版「鬼滅の刃」無限列車編が2020年12月26日よりMX4D/4DX限定特典「無限列車切符風アクリルキーホルダー」が付属するMX4D/4DX上映を全国82館にて上映開始! (MX4D / 4DX上映についての詳細はこちらをご確認ください)

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 大ヒット上映中!


劇場版「鬼滅の刃」無限列車編
公式サイト 劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」公式サイト
公開日 2020年10月16日
原作 吾峠呼世晴
スタッフ 監督: 外崎春雄
キャラクターデザイン・総作画監督: 松島晃
脚本制作: ufotable
サブキャラクターデザイン: 佐藤美幸・梶山庸子・菊池美花
プロップデザイン: 小山将治
コンセプトアート: 衛藤功二・矢中勝・樺澤侑里
撮影監督: 寺尾優一
3D監督: 西脇一樹
色彩設計: 大前祐子
編集: 神野学
音楽: 梶浦由記・椎名豪
アニメーション制作: ufotable
配給: 東宝、アニプレックス
キャスト 竈門炭治郎:花江夏樹
竈門禰豆子:鬼頭明里
我妻善逸:下野 紘
嘴平伊之助:松岡禎丞
煉󠄁獄杏寿郎:日野 聡
魘夢(下弦の壱): 平川大輔
猗窩座(上弦の参): 石田彰
関連リンク 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の詳細はこちら

吾峠呼世晴先生「鬼滅の刃」最終巻 第23巻 2020年12月4日より発売中!

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」最終 23巻(幾星霜を煌めく命)
販売サイト 【Amazon】通常版の商品ページ
発売日 2020年12月4日
価格 460円(税抜)
著者 吾峠呼世晴
仕様 新書判/232ページ
ISBN 978-4-08-882495-6
鬼滅の刃 最終巻情報 鬼滅の刃 第23巻の詳細」はこちら

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」関連商品

漫画「鬼滅の刃」が配信されている電子書籍サービス

ストア名 品揃え 料金 公式サイト
600万冊

460円(税込)

読む
70万冊

459円(税込)

読む
50万冊

418ポイント

読む
50万冊

459円(税込)

読む
60万冊

459円(税込)

読む

鬼滅の刃の動画が配信されているサービス一覧

ストア名 配信状況 特典/料金 公式サイト
定額見放題

2週間無料1,026円/月

観る
定額見放題

31日間無料440円/月

観る
定額見放題

30日間無料500円/月

観る
定額見放題

無料期間なし880円/月

観る
定額見放題

31日間無料2,189円/月

観る
定額見放題

31日間無料550円/月

観る
定額見放題

2週間無料888円/月

観る
定額見放題

2週間無料1,017円/月

観る
定額見放題

30日間無料2,658円/月

観る
定額見放題

1ヶ月無料960円/月

観る





詳細は公式サイトをご確認ください。
※記事の情報が古い場合がありますのでお手数ですが公式サイトの情報をご確認下さい。

© 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable