ジョジョの奇妙な冒険の作者 荒木飛呂彦 特集が3.6発売のkotobaに掲載!

ジョジョの奇妙な冒険の作者  荒木飛呂彦 特集が3.6発売のkotobaに掲載!

1987年より週刊少年ジャンプにて連載され現在は「ウルトラジャンプ」にて続編を連載しており2017年には30周年を迎えた大人気作品「ジョジョの奇妙な冒険」の作者である「荒木飛呂彦」先生の特集が2020年3月6日に発売される集英社による雑誌「kotoba」に掲載。

単なる「情報」ではなく、残すべき「コトバ」を紙の本で残したいという思いから生まれた雑誌「kotoba 2020年春号」では「悪の研究」と題した悪の魅力と恐ろしさを考え、論じ尽くす特集が組まれている。

特集「悪の研究」の中で大人気作品「ジョジョの奇妙な冒険」に登場する敵役でありながらも絶大な人気を誇る「DIO」の魅力を作者である「荒木飛呂彦」先生ご本人が検証。「DIO」というキャラクターが誕生した理由を交えながら、物語が進む中での「DIO」自身の変化を含めて魅力の根底が語られている。

荒木飛呂彦先生の特集「至高の悪としてのDIOの存在」を一部公開!

荒木飛呂彦特修が掲載されるkotoba 2020春号の販売概要

荒木飛呂彦特修が掲載されるkotoba 2020春号
公式サイト 特設ページ
価格 1,470円(税込)
発売日 2020年3月6日より発売
関連リンク 「荒木飛呂彦」公式サイト





詳細は公式サイトをご確認ください。
※ 記事の情報が古い場合がありますのでお手数ですが直接カフェまたは公式サイトの情報をご確認をお願いいたします。尚、当日の混雑状況などは公式Twitterをご確認お願いいたします。

© 荒木飛呂彦 & LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社