劇場アニメ映画「海辺のエトランゼ」 2020年9月11日 上映開始!!

劇場アニメ映画「海辺のエトランゼ」 2020年9月11日 上映開始!!

紀伊カンナ先生のデビュー作で祥伝社「on BLUE」で連載されたBL漫画「海辺のエトランゼ」の劇場アニメ映画がアニメレーベル「BLUE LYNX」より2020年9月11日に上映開始!!沖縄の離島で小説家の卵と少年の初々しい恋愛を描く「心が、洗われるようなボーイズラブ」作品。


イントロダクション

小説家の卵の橋本駿と海辺に物憂げに佇む少年、知花実央。
そんなふたりの初々しくも、もどかしい関係を描き、多くの読者の心をとらえたコミック「海辺のエトランゼ」(紀伊カンナ作・祥伝社刊)が、2020年夏、ついにBLアニメレーベル「BLUE LYNX」にて劇場アニメとなる。

アニメ化にあたって、作者・紀伊カンナ本人が監修、キャラクターデザインを担当。制作は2Dおよび3Dアニメーションを主軸とした映像制作を行っている、老舗スタジオのスタジオ雲雀。そして監督を務めるのは、「ダンガンロンパ The Animation」の演出を担当し、「『宝石の国』1巻発売記念フルアニメーションPV」などで瑞々しい演出力を見せた大橋明代。

ふたりのドラマと美しい沖縄の自然を、光、色彩、音、すべてにこだわり丹念に描く。
静かにくり返す波の音。満天の星空。ゆったりと流れていく時間。
訪れたものすべてを包み込む沖縄の離島で、純粋で、あたたかく、でも不器用なふたりの恋が育まれる。

劇場アニメ「海辺のエトランゼ」の映画情報


劇場アニメ「海辺のエトランゼ」の映画情報
公式サイト 映画特設サイト
上映開始日 2020年9月11日(金)
キャスト 橋本駿:村田太志
知花実央:松岡禎丞
スタッフ 原作:紀伊カンナ 「海辺のエトランゼ」(祥伝社on BLUE comics)
監督・脚本・コンテ:大橋明代
キャラクターデザイン・監修:紀伊カンナ
総作画監督:渡辺真由美
エフェクト作画監督:橋本敬史
美術監督:空閑由美子(STUDIOじゃっく)
色彩設計:柳澤久美子
撮影監督:美濃部朋子
編集:坂本雅紀(森田編集室)
音響監督:藤田亜紀子
音響効果:森川永子
録音調整:林淑恭
音響制作:HALF H・P STUDIO
アニメーション制作:スタジオ雲雀
配給:松竹ODS事業室
製作:海辺のエトランゼ製作委員会

劇場アニメ「海辺のエトランゼ」2020年9月11日 ロードショー



詳細は公式サイトをご確認ください。
※ 記事の情報が古い場合がありますのでお手数ですが公式サイトの情報をご確認をお願いいたします。

©紀伊カンナ / 祥伝社・海辺のエトランゼ製作委員会