オリジナルアニメ映画「神在月のこども」2021年上映開始予定!

オリジナルアニメ映画「神在月のこども」2021年上映開始予定!

クラウドファンディングにより資金を募ってきたプロジェクト、島根・出雲地方「神在月(神無月)」を主題とするオリジナルアニメーション「神在月のこども」が2021年に上映開始予定!

“伝え手”として、作品や商品・舞台の魅力をものがたり、その魅力を未だ知らぬ方々へお届けしてきたcretica universalが、“作り手”として、作品の企画・原作・監督に挑戦する壮大なプロジェクトに、多くのアニメクリエイターが共鳴&参戦するオリジナルアニメーションです!


オリジナルアニメ映画「神在月のこども」イントロダクション

日本各地では『神無月(かんなづき)』と呼ばれる10月が、出雲地方では『神在月(かみありづき)』と呼ばれる由縁ー

それは八百万(やおよろず)の神々が、全国から姿を無くし、翌年の縁を結ぶ会議のため、出雲に集うという云われに在った。

主人公は、現代を生きる、12才の少女。母の他界で、好きだった走ることが嫌いになってしまったこども。

その彼女が、在る月、まわりはじめた神々の歯車によって、出雲へ向けて走り出す物語。

少女を神域へと誘うのは、一羽のうさぎと、一人の少年。

声を宿す出演陣は、“人々は俳優、神々は声優” “ご縁を辿る”という想いから主人公カンナに蒔田彩珠、神使の兎に坂本真綾、鬼の少年に入野自由が決定。

そんな彼らを支える主要俳優・声優陣も同じ想いをつらぬきながら一切のオーディションを行わずに奇跡的なキャスティングが叶った。

音を宿す音楽陣も、“10代の言葉を代弁できる” “ご縁で託す”という視点のもとmiwa & Sony Musicと仏国で出逢うドラマチックなスタッフィングが実現。

絵を描く制作陣に、国内・海外において数々の名作・傑作を届けてきた豪華なクリエイターやプロデューサーが結集し、“この島国の根”と書かれる島根・出雲の “神在月”を描く新しくも懐かしいロードムービーが “ご縁”により誕生する。

オリジナルアニメ映画「神在月のこども」ストーリー

少女の名は、カンナ。

母を亡くし、大好きだった”走ること”と向き合えなくなったこども。

そんな少女が、在る月、絶望の淵に母の形見に触れたことで、歯車が廻りはじめる。

現れたのは神の使いの、うさぎ。出雲までの旅にカンナを誘う。

少女は問う「本当に、お母さんに会えるの?」

白兎は答える「ご縁が、あれば。」

行く手を阻むのは、鬼の子孫、夜叉。

行く先で出あうのは、大小様々な八百万の神々。

神無月と書き、全国から神々が姿を消す月を神在月と呼び、神々を迎えてまつる神話の地。

島根・出雲、この島国の根と読む場所へ、自分を信じて駆ける少女のものがたり。

オリジナルアニメ映画「神在月のこども」の映画情報


オリジナルアニメ映画「神在月のこども」の映画情報
公式サイト 映画特設サイト
上映開始日 2021年上映予定
キャスト カンナ:蒔田彩珠
神使の兎・シロ:坂本真綾
鬼の少年・夜叉:入野自由
スタッフ 原作・コミュニケーション監督:四戸俊成
アニメーション監督:白井孝奈
脚本:三宅隆太、瀧田哲郎、四戸俊成
キャラクターデザイン・総作画監督:佐川遥
神様デザイン:小田裕康
色彩設計:垣田由紀子
美術監督:佐藤豪志
撮影監督:髙津純平
音響監督:岩波美和
クリエーション監督:坂本一也
絵コンテ:白井孝奈、坂本一也、望月智充
エグゼクティブプロデューサー:小金澤剛康、西出将之、関口忠宏
統括プロデューサー:オシアウコ
プロデューサー:三島鉄兵、吉田佳弘
プロダクションマネージャー:里見哲郎
スーパーバイザー:諏訪道彦
主題歌 アーティスト:miwa

オリジナルアニメ映画「神在月のこども」2021年ロードショー

特報ムービー12秒Ver.

特報ムービー15秒Ver.

特報ムービー30秒Ver.

特報ムービー60秒Ver.



詳細は公式サイトをご確認ください。
※ 記事の情報が古い場合がありますのでお手数ですが公式サイトの情報をご確認をお願いいたします。尚、当日の混雑状況などは公式Twitterをご確認お願いいたします。

©2021 映画「神在月のこども」製作御縁会