山田鐘人/アベツカサ「葬送のフリーレン」最新刊 第4巻 3月17日発売!

山田鐘人/アベツカサ「葬送のフリーレン」最新刊 第4巻 3月17日発売!

週刊少年サンデーにて連載中「原作: 山田鐘人 / 作画: アベツカサ」両先生による人気漫画「葬送のフリーレン」の最新刊となる第4巻は2021年3月17日発売!

「葬送のフリーレン」は、 宝島社が毎年ランキングを発表している「このマンガがすごい!2021にて2位を受賞した他、「マンガ大賞」2021では2次ノミネートの10作品に選ばれ、「第25回手塚治虫文化賞マンガ大賞」では最終候補にも選ばれている話題作。

魔王も勇者も去った世界で、長寿のエルフ「フリーレン」が勇者たちとの記憶を繋ぐ後日譚ファンタジー。

山田鐘人/アベツカサ「葬送のフリーレン」最新刊 第4巻の発売日はいつ?

原作「山田鐘人」先生、作画「アベツカサ」先生が描く「葬送そうそうのフリーレン」最新刊となる第4巻は2021年3月17日発売!

山田鐘人/アベツカサ「葬送のフリーレン」最新刊 第4巻のあらすじ

勇者の死後も生き続けるエルフの魔法使い「フリーレン」。

かつて勇者たちと冒険した旅路を、再び辿ります。

昔も今も旅路を彩るのは、かけがえのない出会いと行事(イベント)の数々――。

物語は、勇者たちとの日常を思い起こしていく。英雄たちの“記憶”が繋がっていく後日譚(アフター)ファンタジー!


山田鐘人/アベツカサ「葬送のフリーレン」 第3巻のあらすじ(ふりかえり)

エルフの魔法使い、新たな仲間と新たな旅
勇者一行にいた魔法使い・フリーレン。
魔王軍の残党で大魔族でもある七崩賢・断頭台のアウラと衝突。

その中で、フリーレンの史実が明かされていきます。
悠久の時の中で、彼女が抱いた感情とは――
物語は、現在と過去が交錯していく。(葬送のフリーレン 第3巻の詳細)


山田鐘人/アベツカサ「葬送のフリーレン」最新刊 第4巻のイントロダクション

魔王を倒した勇者一行の魔法使い・フリーレン。彼女はエルフで長生き。

勇者・ヒンメルの死に何故自分がこんなにも悲しむのかわからず、人を“知る”旅に出る。

僧侶・ハイターの葬送を機に、ハイターが育てていた少女・フェルンと魔法使いの二人旅へ。

途中、戦士アイゼンの弟子・シュタルク、若き僧侶・ザインの二人も加わり、四人それぞれの目的をはたすべく、長い旅は続く…

山田鐘人/アベツカサ「葬送のフリーレン」最新刊 第4巻 3月17日発売!


販売サイト 【Amazon】商品ページ
【アニメイト】商品ページ
全巻購入はこちら 【Amazon】電子書籍まとめ買い
発売日 2021年3月17日
著者 原作: 山田鐘人
作画: アベツカサ
価格 コミック:499円(税込)
電子書籍:462円(税込)
ISBN 978-4098504909
公式サイト 週刊少年サンデー「葬送のフリーレン」公式サイト
前巻の情報 「葬送のフリーレン」 第3巻詳細情報

葬送のフリーレン コミック商品情報



詳細は公式サイトをご確認ください。
※ 記事の情報が古い場合がありますのでお手数ですが公式サイトの情報をご確認をお願いいたします。

© 山田鐘人 / アベツカサ・小学館