ウマ娘 スペシャルウィーク とは 声優 / 誕生日 / 身長 / 母親 等ご紹介!

ウマ娘 スペシャルウィーク とは 声優 / 誕生日 / 身長 / 母親 等ご紹介!

Cygames (サイゲームス) が贈る、大人気の育成アプリゲーム & テレビアニメ「ウマ娘 プリティーダービー」。

実在の競走馬をモデルとした“ウマ娘”たちが熱いレースを繰り広げる本作ですが、中でも代表的なウマ娘の1人が「スペシャルウィーク」です。

アプリのメインビジュアル等ではセンターを飾り、テレビアニメの1期でも主人公として大活躍。“スペちゃん”のあだ名で親しまれる愛されキャラでありながら、“日本の総大将”という勇ましい二つ名も持つ名ウマ娘です。

今回は「スペシャルウィーク」のプロフィールから、CVを担当する「声優」、アニメ1期を中心としたエピソードや関係するキャラクター、そしてモデルとなった「競走馬スペシャルウィーク」についての話題まで、スペちゃんの魅力をご紹介します!

本記事では主に、ウマ娘の「スペシャルウィーク」について紹介しています。
本記事では、ウマ娘のキャラクターを「スペシャルウィーク」と呼称し、実在の競走馬は「競走馬スペシャルウィーク」と呼称します。

また、テレビアニメ「ウマ娘 プリティーダービー」Season1 & Season2の本編、およびゲームアプリの育成シナリオに関するネタバレを多分に含みます。
アニメ未視聴の方や育成シナリオ未プレイの方はご注意ください。
最新情報に応じて随時更新していきます。

スペシャルウィーク – プロフィール (身長 / 体重 / スリーサイズ / 誕生日)

© Cygames,Inc.

ウマ娘の「スペシャルウィーク」は北海道生まれ。

母親もウマ娘だったようですが、スペシャルウィークが生まれてからすぐに亡くなってしまったそう。母親の友人だった人間の女性に預けられたスペシャルウィークは、その女性を「お母ちゃん」と呼び、本当の母子のように深い愛情を注がれて育ちました。

そして、成長したスペシャルウィークは、お母ちゃんと「日本一のウマ娘になる」という約束を交わし、レースに出場するウマ娘のための教育機関「日本ウマ娘トレーニングセンター学園」、通称“トレセン学園”に入るために上京。

アニメとアプリのストーリーでは多少の差異はありますが、トレセン学園に入学したスペシャルウィークは、トレーナーや仲間たちと出会ってレースデビューを果たし、ウマ娘たちが競い合う「トゥインクルシリーズ」に挑戦していきます。

トレセン学園生徒紹介「スペシャルウィーク」

名前 スペシャルウィーク
二つ名 日本の総大将
誕生日 5月2日
身長 158cm
体重 微増 (レース前で緊張気味)
スリーサイズ B81 / W56 / H81
公式プロフィール 北海道生まれの、素直で明るい頑張り屋。生後すぐに実母を亡くし、その親友である人間の女性の元に預けられた。『日本一のウマ娘になる』は2人の母に誓った約束。憧れたりくじけたりを繰り返しながら、持ち前のガッツで夢に向かってひた走る。
声優 和氣あず未

スペシャルウィーク – 声優

アニメやアプリで「スペシャルウィーク」の声や歌唱を担当しているのは、声優の「和氣あず未」さん。

イベントやテレビ番組等でウマ娘が登場する際にもスペシャルウィーク役として“出走”し、明るく元気な歌声やダンスを披露されています。


氏名 和氣あず未 (わき・あずみ)
生年月日 1994年9月8日
血液型 O型
出身地 東京都
趣味・特技 お菓子作り・ゲーム・イラスト
愛称 あじゅじゅ・あじゅみん・わきこ
芸歴 東京アニメ・声優専門学校
主な出演作品 ・ソウナンですか? : 九条紫音
・世話やきキツネの仙狐さん : 仙狐
・アイドルマスター シンデレラガールズ : 片桐早苗
・おしえて! ギャル子ちゃん : ギャル子
・ブレンド・S : 桜ノ宮苺香
・刀使ノ巫女 : 柳瀬舞衣
・東京リベンジャーズ : 橘日向
・白い砂のアクアトープ : 照屋月美
・プリマドール : 灰桜
関連リンク 和氣あず未 Official Home Page

スペシャルウィーク – 名場面

ここでは、主にテレビアニメ第1期「ウマ娘 プリティーダービー」でのスペシャルウィークの活躍をご紹介!

第1R「夢のゲートっ!」

© Cygames,Inc. © 2018 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」製作委員会

第1期の記念すべき第1R (ウマ娘では話数を「R」=レースと表現しています) は、北海道から上京しトレセン学園へ向かうスペシャルウィークの姿から始まりました。

しかし、うっかりトレセン学園の最寄り駅から1つ前の駅で降りてしまったため、すぐ近くにある競技場でウマ娘のレースを見ていくことに。

そこで先輩ウマ娘・サイレンススズカのレースを見たスペシャルウィークは、風を切って先頭を走るスズカの姿に魅了され、「スズカさんと一緒に走りたい」という夢を抱きます。

そしてトレセン学園に編入したスペシャルウィークはめでたく「チーム・スピカ」に入りますが、いきなり初レース“メイクデビュー”への出場が決定してしまいます!

第3R「初めての大一番」

© Cygames,Inc. © 2018 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」製作委員会

メイクデビューを見事1着で飾ったスペシャルウィークですが、レースの後には勝利したウマ娘による「ウイニングライブ」が行われるということをすっかり忘れ、歌もダンスも勉強していなかったスペシャルウィークはステージ上で棒立ち…。

そこで、チーム・スピカが一丸となり、スペシャルウィークはダンスと歌を猛特訓。弥生賞で勝利した後には、何とか無事にライブをクリアしました。

そして続くレースは、トゥインクル・シリーズでも最も格の高い“G1”の「皐月賞」。同じクラスのセイウンスカイとの対決となりますが、調子に乗っていたスペシャルウィークは敢えなく敗北――。

負ける悔しさを知ったスペシャルウィークは、その思いをバネにしてもっと強くなることをトレーナーと誓い、「日本ダービー」へと向かいます。

第5R「ライバルとのダービー」

© Cygames,Inc. © 2018 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」製作委員会

仲間たちに支えられて特訓を重ね、ついに迎えた世代最強決定戦・日本ダービー。

レースには、皐月賞でスペシャルウィークに勝利したセイウンスカイの他、同期の中でも実力派と名高いエルコンドルパサーも出場します。

史実のダービーでは対戦が叶わなかったスペシャルウィークとエルコンドルパサーですが、アニメでは夢の対決が描かれます!

第8R「あなたの為に」

© Cygames,Inc. © 2018 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」製作委員会

秋の天皇賞で左足を骨折し、長期療養となってしまったサイレンススズカ。スペシャルウィークはスズカを元気づけようと明るく振舞いますが、何をしても空回りに…。

スペシャルウィークは「宝塚記念」でスズカに自分の勝利する姿を見せようとしますが、浮足立っていることを見抜いたグラスワンダーに差し切られ、手痛い敗北を喫してしまいます。

自分は何のために走るのか、誰のために走るのか――。

皐月賞と同じように自分の甘さを突きつけられたスペシャルウィークは、再び歯を食いしばって前へと進みます。

第12R「夢の舞台」

© Cygames,Inc. © 2018 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」製作委員会

世界中から有力なウマ娘が集うレース・ジャパンカップに出場が決定したスペシャルウィーク。

対決するウマ娘の中には、凱旋門賞でエルコンドルパサーを下したフランスのウマ娘・ブロワイエの姿もありました。

そうそうたる強豪ウマ娘が立ち並ぶ中、ついにゲートがオープン。日本中の期待を背負ったスペシャルウィークが“日本の総大将”として走り出します!

スペシャルウィークに関わるキャラクター

チーム・スピカ

© Cygames,Inc. © 2018 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」製作委員会

テレビアニメ版でスペシャルウィークが所属する、トレセン学園の「チーム・スピカ」の仲間たちです。

チームメイトは左手前から順に、トウカイテイオー・メジロマックイーン・ゴールドシップ(・スペシャルウィーク)・サイレンススズカ・ダイワスカーレット・ウオッカ。

いずれも歴史に名を残す名馬たちをモデルとしたウマ娘ですが、ここではチーム全体としてご紹介。(特に関係深いサイレンススズカのみ後の項目でご紹介します!)

トレセン学園のウマ娘は「最低1人のトレーナー (指導・出場レース管理担当者) が付いている、5人以上のチームに所属してなければトゥインクル・シリーズに出場できない」という決まりがあり、スペシャルウィークはその中の「チーム・スピカ」に所属することになります。

個性が強く自己主張も激しいウマ娘ばかりですが、団結力は随一。お互いに励まし合い、時に競い合いながら、日々切磋琢磨しています。

トレーナー

© Cygames,Inc. © 2018 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」製作委員会

テレビアニメ版でスペシャルウィークが所属する「チーム・スピカ」の担当トレーナー。

アニメ第1期では、慣れない環境に戸惑ったり、レースに負けて落ち込むスペシャルウィークのことも頼もしく支えてくれます。

普段は飄々としており、トレーニングにゲームを使うなど遊んでいるように見えるため真意は分かりにくいところがありますが、実は誰よりウマ娘たちのことを大切に考え、熱い心を持った優秀なトレーナーです。

たまにセクハラすれすれのスキンシップを取って蹴られたりプロレス技をかけられることもありつつ、チーム・スピカのウマ娘たちからは (一応) 信頼されている様子。

詳しいプロフィールどころか本名すらも明かされていない謎多きキャラクターながら、キャラソンCDにゲームの代名詞とも言える楽曲「うまぴょい伝説」のトレーナー ソロVer.が収録されるなど、ウマ娘たちと並び愛されているキャラクターです。

サイレンススズカ

© Cygames,Inc.

スペシャルウィークにとって憧れの存在「サイレンススズカ」。同じチーム・スピカの仲間にして、寮では同室の先輩です。

テレビアニメ1期でのスペシャルウィークは、東京に来て初めて見たレースで誰より前を走るサイレンススズカの姿に魅了され、いつか彼女と同じレースで戦うことを夢見て毎日トレーニングに打ち込んでいます。

しかし、アニメ1期 第7Rでは、サイレンススズカがレース中に負傷。スズカの大怪我によって心が乱れたスペシャルウィークは、一時はレースで惨敗するなど絶不調となってしまいますが、トレーナーや仲間たちからの激励によって復活。

そして、ジャパンカップにて世界のウマ娘たちを相手取り、“日本総大将”として優勝を目指します。

エルコンドルパサー

© Cygames,Inc.

アニメでは、トレセン学園の中でも最強と言われるチーム・リギルの一員であるエルコンドルパサー。

スペシャルウィークも当初はリギル入りを目指していましたが、チーム入りを賭けた模擬レースでエルコンドルパサーに負けてしまい、最終的にはチーム・スピカに(拉致同然で)入ることになります。

アニメ1期 第5Rでは、一世一代のレース「日本ダービー」にて激突。史実では出場条件などに阻まれて実現しなかったレースの“if”を見ることができます!

グラスワンダー

© Cygames,Inc.

エルコンドルパサーと同じく、スペシャルウィークとは同じクラスで仲良しの友達。普段はおっとりした大和撫子ですが、心の中には強い闘志を秘めています。

アニメ1期の第8Rで描かれた宝塚記念では、サイレンススズカの怪我により動揺し視野が狭くなってしまったスペシャルウィークと対戦します。

その他、アニメ1期 EXTRA R冒頭やアプリのテレビCM「Rivals」でもスペシャルウィークと戦っており、スペシャルウィークの“最強のライバル”として描かれることが多いウマ娘です。

2人の“お母ちゃん”

© Cygames,Inc. © 2018 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」製作委員会

© Cygames,Inc. © 2018 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」製作委員会

スペシャルウィークを語る上で欠かせないのが、2人の“お母ちゃん”。

ウマ娘である産みの母は出産後すぐに亡くなってしまい、親友だった女性が母親代わりとなってスペシャルウィークを大切に育てました。

育ての“お母ちゃん”の元で走ることの楽しさを学んだスペシャルウィークは、いつか「日本一のウマ娘」になることを2人の母に誓い、上京してトレセン学園に編入します。

そんな育てのお母ちゃんは、スペシャルウィークが里帰りするアニメ1期の第10R、そして大舞台・ジャパンカップに出走する第12Rでスペシャルウィークを激励するために登場。

なお、産みの母のモデルとなったのは、競走馬スペシャルウィークを出産した直後に急逝してしまった母馬の「キャンペーンガール」。そして育ての母は、スペシャルウィークの育成調教を担当していたニュージーランド人の女性がモデルとなっているようです。

競走馬・スペシャルウィーク

最後に、ウマ娘のスペシャルウィークのモデルとなった「競走馬スペシャルウィーク」についても少しご紹介。

1995年に生まれた競走馬スペシャルウィークは牡馬 (オス)。母馬「キャンペーンガール」を早くに亡くし、乳母馬や人の手で育てられたため、人懐こい馬だったそう。

史実でも「東京優駿 (日本ダービー)」や「ジャパンカップ」、「天皇賞 (春・秋)」などのG1レースを勝利した名馬でしたが、中でも有名なのがアニメでもスポットが当てられていた「日本ダービー」と「ジャパンカップ」です。

“日本競馬界のレジェンド”とも呼ばれる偉大なジョッキーであり、アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」に本人役で出演しているJRA騎手・武豊さんに、初めてダービーの勝利をもたらしたのがこの競走馬スペシャルウィークでした。

ちなみに、ウマ娘・スペシャルウィークの二つ名“日本の総大将”は、ジャパンカップでの実況による「日本総大将」という言葉からきているようです。

1998年 日本ダービー

1998年 ジャパンカップ

アプリゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」好評配信中!

スペシャルウィークについての紹介はいかがでしたか?

明るく可愛いみんなの“スペちゃん”は勿論、レースでの鋭い表情も魅力的。アニメや史実では勝てなかったレースもありますが、アプリゲームではトレーナー (プレイヤー) 次第で勝利することも可能です。

スペシャルウィークはアプリ開始時にもらえる引換券で選択することもできるので、まだ未プレイの方も、ぜひスペちゃんと一緒に“日本一のトレーナー”を目指してみましょう!


ウマ娘 プリティーダービーの配信概要
公式サイト 公式ポータルサイト
配信 iOS / Android / DMM Games (Windows)
利用方法 無料 (アプリ内課金あり)

人気作品のキャラクターグッズ Anime Store.JP (アニスト) にて取扱中!

詳細は公式サイトをご確認ください。
※記事の情報が古い場合がありますのでお手数ですが公式サイトの情報をご確認下さい。

© Cygames © 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会

ニュースの新着一覧

ニュースの新着をもっと見る