舞台「あの花」2022年2月2日より東京・あうるすぽっとで上演!

舞台「あの花」2022年2月2日より東京・あうるすぽっとで上演!

A-1 Pictures制作、2021年に10周年を迎えたテレビアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)」が舞台化され、2022年2月2日〜6日まで東京・あうるすぽっと (豊島区立舞台芸術交流センター) にて上演される。

舞台化の発表に併せてティザーサイトや公式ツイッターも開設され、キャストやスタッフ等の情報も解禁。

主人公の“じんたん”こと宿海仁太役は鳥越裕貴さん、“めんま”こと本間芽衣子役は市川美織さんが務める。その他、「超平和バスターズ」の安城鳴子 (あなる) 役は桃月なしこさん、松雪集 (ゆきあつ) 役は佐香智久さん、鶴見知利子 (つるこ) 役に椿梨央さん、久川鉄道 (ぽっぽ) 役は伊勢大貴さんが担当する。

他に、宿海塔子役の横山智佐さん、宿海篤役の小林けんいちさん、本間聡志役の小辻庵さん、本間イレーヌ役の麻生かほ里さん、本間学役の河合龍之介さんが出演。

スタッフは、宇治川まさなりさんが演出、「ブルーピリオド」や「美少年探偵団」等の舞台を担当した畑雅文さんが脚本を務める。

舞台「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」は2022年2月2日から6日まで上演。チケットは2021年12月18日12時より発売開始。

舞台「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」あらすじ

高校へ行かず引きこもりぎみの仁太の前に、
死んだはずの友達・芽衣子が突然現れる。
彼女から”お願いを叶えて欲しい”とお願いされる仁太。

芽衣子は小学校時代の「超平和バスターズ」というグループの1人で、
仲が良い6人組だった。
芽衣子の死がきっかけで離れ離れになってしまった5人だったが、
芽衣子が現れたことがきっかけで、
鳴子・集・知利子・鉄道も、お願いを叶えるため再び集結する。

そんな6人によって動き始める、ひと夏の奇跡の物語。

舞台「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」2022年2月2日より上演!


舞台「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」
公式サイト 特設ページ
上演期間 2022年2月2日〜6日
上演場所 あうるすぽっと (豊島区立舞台芸術交流センター)
住所 〒170-0013 東京都豊島区東池袋4丁目5-2 ライズアリーナビル
アクセス・地図 Googleマップで見る
出演 宿海仁太 (じんたん) : 鳥越裕貴
本間芽衣子 (めんま) : 市川美織
安城鳴子 (あなる) : 桃月なしこ
松雪集 (ゆきあつ) : 佐香智久 (少年T)
鶴見知利子 (つるこ) : 椿梨央
久川鉄道 (ぽっぽ) : 伊勢大貴

宿海塔子 : 横山智佐
宿海篤 : 小林けんいち

本間聡志 : 小辻庵
本間イレーヌ : 麻生かほ里
本間学 : 河合龍之介

スタッフ 原作 : 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」
脚本 : 畑雅文
演出 : 宇治川まさなり
お問い合わせ 舞台「あの花」製作委員会 i[email protected]
チケット料金 全席指定 8,500円 (税込)
チケット予約 2021年12月18日より楽天チケットにて発売予定
関連リンク TVアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」公式サイト

詳細は公式サイトをご確認ください。
※記事の情報が古い場合がありますのでお手数ですが公式サイトの情報をご確認下さい。

© ANOHANA PROJECT © 舞台「あの花」製作委員会

ニュースの新着一覧

ニュースの新着をもっと見る